注目している地味文具3種

最近密かな注目を集めているクツワの「2枚刃鉛筆削り」。2枚刃を採用することで少ない回転で削れるというスグレモノで、評判も上々のようですね。個人的には鉛筆を削る機会はそう多くないのですが、近いうちに手に入れたいアイテムです。

こうした実用重視の地味文具は、巷で話題になったり自分が必要になったりしないとほとんど気にすることもないのですが、その無関心さゆえにちょっと調べてみるだけでもおもしろい(優秀な)商品が見つかったりします。

というわけで、今オイラが注目している地味文具をさらに2点ご紹介したいと思います。

まずは同じくクツワから発売されている「鉛筆の蛍光マーカー」。ステッドラーのテキストサーファードライとほぼ同じ内容のアイテムですが「削り器付きのキャップが付属」していることと「丸軸」である点が異なります。

オイラは文字を色分けすることはほとんどないのですがマーカーは多用します。ただ一般的な水性マーカーは乾きの点で使いづらさを感じることも少なくないので、こうした蛍光鉛筆には非常に興味があるのです。テキストサーファードライは三角軸であることがなんとなく引っかかって購入には至らなかったのですが、鉛筆の蛍光マーカーはイマイチ垢抜けないデザインがかえって魅力的に思え、物欲が刺激されています。

2点目はライオン事務器の「ピックアップ定規」。定規の端を垂直に立ち上げることによってピックアップ機能と固定機能を併せ持つ定規です。

個人的に注目しているのは固定機能の方で、それによって簡単に平行線が引けます。さらに三角定規を組み合わせれば罫線のない用紙に表を作るのも容易です。オイラの場合、実際に表を作る機会は多くありませんが、定規を組み合わせて図面を作成できるという機能そのものに強く惹かれちゃうんですよねぇ(*´∀`)

というわけで今オイラが注目している地味文具3種。もしご興味をお持ちいただけましたらチェックしてみてください。

2015.2.12
クツワの「鉛筆の蛍光マーカー」を買いました

2015.2.16
ライオン事務器のピックアップ定規(を買いました)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA