「更新」を機に3年後の目標を掲げる

ここのところPCを立ち上げる度に促されていたセキュリティソフトの更新をしました。3年版なので次回更新は2018年。

免許証なんかもそうですけど、有効期間が数年あるようなものを更新する度に「次回更新時の自分はどうなっているんだろう」と考えます。そしてそれは、若い頃には希望的であったのに、年をとるとどこか悲観的になってくるんですよねぇ。

でも手帳を切り替えた時にはそうならない。何歳になっても希望に満ち溢れた気分で未来に望めます。その違いってなんだろうと考えると「目標」の有無ではないかと思うのです。次の更新時期までに「こうなる(する)」という目標を掲げるのと、その時には「どうなっているのかなぁ」では全然違いますもんね。前者が能動的(積極的)であるのに対し、後者は受動的(消極的)です。

そんなわけでこの機に3年後の目標を具体的に掲げました。3年という月日を、掲げた目標を達成するための期間として能動的(積極的)に過ごしたい。そして3年後にはセキュリティソフトだけではなく、自己も「更新」したいと思っています。

ESET パーソナル セキュリティ 3年版

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA