4月始まり、リベンジ、2月は手帳が気になる季節?

年末まで悩みに悩んで選んだ手帳も使い始めて1ヶ月となるこの時期は、ほぼ日手帳・MARK’S/マークス・NOLTY(PAGEM)などの4月始まり手帳が発売(予約開始)される時期でもあります。

1月始まりが「年」の変わり目で切り替えるのに対し、「期」の変わり目で切り替える4月始まり手帳。どちらがいいかはもちろんユーザーが決めることですが、日本では精神的には「年」(1月)、実質的には「期」(4月)が重視されているようなところもありますよね。

さらに言えば、4月始まり手帳は1月始まり手帳の選択に失敗した人からも注目されます。そういう意味でも、4月始まり手帳はもっと盛り上がっても良さそうな気がするんですけどね(かくいうオイラも1月始まりユーザーですが(^_^;))

ちなみに1月始まり手帳のリベンジの場合は、今くらいの時期であれば再度1月始まりで検討するという手もあります。売り切れ等で選択肢は狭まりますが、買ってすぐに使えるのが利点。リベンジの場合は一刻も早く別の手帳に切り替えたいわけですし、今ならまだ11ヶ月使えますのでロスは最少で済みます。量や内容にもよりますが、1ヶ月程度なら転記も可能です。

いずれにしてもこの時期。年が明けてからまだ1ヶ月しか経っていないのですが、手帳好きにとっては買う買わないに関係なく気になる季節なのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA