セーラー四季彩の土用で書いてみました

img0213
先日購入したセーラー四季彩の土用を、カクノの中字で書いてみました。

黒と茶のバランスが絶妙かつ複雑な「こげ茶」とでもいいましょうか。条件によって様々な変化を見せてくれそうなインクです。カクノでさっと走り書きしただけでもそれなりの濃淡が出てますので、万年筆のグレードが上がればさらに上品で繊細な濃淡や線が期待できそうです。

セーラーの四季彩シリーズはパイロットの色彩雫シリーズに比べると色数が少ないですが、「粘度」はセーラーの方が好みなので、気に入った色が一本増えたのはうれしいですね。これでオイラが所有するセーラーのボトルインクはブルーブラック・仲秋・土用の3本。あとは新色の追加よりも仲秋の復活を望みます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA