趣味の筆記具として「書くことを愉しむ」シャープペンシル

先日から使い始めた手帳用の筆記具を決定すべく手持ちのボールペンを片っ端から試しているオイラですが、そんな生活の中でシャープペンシルを使うとホッとします。やわらかいタッチや、芯をすり減らしながら書く感覚にたまらなく癒やされるのです。

シャープペンシルは学生の筆記具とか、社会人であれば実務上の必要に応じて使う筆記具と位置づける方も多いと思いますが、オイラにとってはれっきとした趣味の筆記具です。そこには万年筆やボールペンはもちろん、鉛筆や芯ホルダーとも違うシャープペンシルならではの書き味(魅力)があります。

確かにインクに比べれば色は薄いですし、今では「消せる」ことも自慢にはならなくなってしまいましたが、その書き味は依然としてシャープペンシルだけのものです。軸・芯径・芯硬度を自分好みに組み合わせたシャープペンシル(まさにカスタマイズペンの元祖)の書き心地に浸る愉しみ。これはもう趣味以外の何ものでもありません。

願わくば、ミドリのMDノートが「書くことを愉しむノート」であるように「書くことを愉しむシャープペン」的なコンセプトのモデルが欲しいですね。確かにメーカーにとって需要は大事でしょうけど、ヒットやブームの裏には必ず「提案」があるはず。高級品や限定品(レア)といった「所有することを愉しむ」(所有欲を満足させる)モデルはあるんですけど、趣味ってのはそれだけじゃないんだよなぁ・・・。

参考
MPリスト

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA