伊東屋のコントレイル カラーフラグボールペンを買いました

一目惚れしてしまった伊東屋のコントレイル カラーフラグボールペン。昨日の記事を書いた後、伊東屋に突撃して買ってきました!

img0124
8種類のカラーバリエーションの中から選んだのは、最も落ち着いた配色の「CRP0108」。一目見た時からこれと決めていた色です。

img0125
木軸部分はインセンスシダーなんですが、これが予想以上の質感です。

考えてみるとオイラが持っているインセンスシダー軸って六角ばかりなんですよね。それが今回は丸軸で、六角軸とはケタ違いのすべすべ感なのです。もちろん素材の良し悪しもあるのかもしれませんが、とにかくこの感触はオイラの持っている軸だと野原工芸のヒノキに近いです。(ちなみにすべすべというのは木肌の感触であって、グリップが滑るわけではありません。念のため)

またインセンスシダーは軽さが魅力ではあるのですが、木軸として見た場合には安っぽい印象も否めません。しかしこのカラーフラグボールペンは金属パーツが軸に適度な重量感を与えていて、それもこの軸の質感を高めている要因の一つだと思います。(但し重量バランスはやや後ろ寄り)

img0126
クリップにある「Contrail」ロゴ。写真ではハッキリと見えますが、実際はもう少し控えめかな。さりげなく主張する感じです。

img0127
クリップを横から見たところと、今回選んだ軸の配色。実際の青と赤はもう少し暗めです。

img0128
ペン先部分にグラつきはありません。口金直前までが木軸ですので、よほど下の方を握る人でない限り、すべての指が木軸に触れた状態で書けると思います。

img0129
頭しか見えてませんが、リフィルは三菱のS-7L。互換性が高いので様々な替芯に対応できるのがいいですね。しかもこれ、偶然にもオイラが持っている野原工芸の細軸の対応リフィルと同じなんです。ですからそういう意味でも利便性が高く、いろいろと遊べそうです。

但し、ちょっと残念なところもあります。重量バランスがやや後ろ寄りであることは前述しましたが、その他に二つほど。

まず一つめは↑の画像のネジ部分(軸側)を見ていただくとわかりますが、ネジ山が少ないんですよね。今のところ書いているうちに緩んだりすることはありませんが、この点についてはもうしばらく様子を見てみたいと思います。(金属ネジということもあって浅くても結構しっかり締まってるので、たぶん大丈夫だと思うけど)

そして二つめは、書いているとカチャカチャと音がすること。どうやらノックボタンが軸に当たっているようです。たぶんこれは個体差ではないと思います。ま、こういうのは気になる人とならない人がいるんですが、個人的にはかなり気になります。これはこのボールペン最大の残念ポイントですね。

というわけでこのコントレイル カラーフラグボールペンは「音」を気にするか否かで評価が別れそうです。まあオイラはもう買っちゃいましたから耳を塞いででも使いますけどw

ちなみにこの音の問題は部品の馴染みとは関係なさそうですが、使っているうちに何らかの変化があれば、その都度報告したいと思います。

ITO-YA/伊東屋 Contrail/コントレイル カラーフラグボールペン
伊東屋オンラインストア
Amazon店

2014.9.21
コントレイル カラーフラグボールペンの「カチャ音」解決!

スポンサーリンク

2件のコメント

  1. > 書いているとカチャカチャと音がする

    個人的にこれは致命的です
    箱に入って売ってるようなので, 確かめてから買うことも出来ませんしね・・・

    1. そう、確かに気になるんですよねー。

      おっしゃるように箱に入って売っているので、実際に買う軸は木目も含めてチェックができないんですが、実はオイラが行った伊東屋にはサンプルがあって、それを手に取ることはできたんです。なのに音には気付かなかったんですよねぇ。買う気満々でチェックがおろそかになっていたのか、店内の雑音のせいなのかわかりませんが、いずれにしてもお恥ずかしい話です。ま、あの時の勢いだったら音を確認していても買っちゃったような気もしますけどw

      そんなわけでオイラもこの音はヒジョーに残念ですが、リフィルの互換性を楽しみながらそろりそろりと使っていきたいと思います(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA