お気に入りアイテムが廃番になってしまったら

前記事「廃番恐怖症」にコメントをいただき、その中で「廃番になってなおかつストックがないとしたらどうしますか?」という質問がありましたのでこちらでお返事したいと思います。

そうですねぇ、まずは「悶絶」しますw

で、廃番からさほど時間が経っていなければ、流通在庫を探します。実店鋪はもちろん、ネットショップなどを探せばまだ在庫が残っている可能性があります。また少し時間が経っていても廃番品の販売をメインにしているショップがありますし、たまたま倒産品などを手に入れたショップが廃番品を販売していることもあります。

平行してチェックするのはお馴染みのヤフオク!。こちらはかなり古いものも探せますよね。

・市場人気があるものだと価格が高騰してしまう
・競合者にさらわれてしまう可能性がある

など、自分が落札できる保証はありませんが、探しているものがあるかないかはすぐにわかりますし、その時になくても継続的にチェックしていれば出てくる可能性がありますからね。なかなか見つからない廃番品を労力や交通費を使わずに探せるだけでもありがたい存在です。

あとはリサイクルショップを覗いてみるとか、自分にできる捜索を定期的かつ気長に続けることぐらいしかできることはないもんなぁ。ものによってはツテ(人脈)を使うこともありますが、そういう案件はめったにないですからね。自力での捜索が嫌になってしまった時点で諦めているのが実情です。

廃番品を手に入れる際には、価格というポイントもありますね。例えば定価で1000円のものが3000円で売られているとか。これだと3倍の値段になってしまうわけですが、オイラの場合はそういう基準は捨てて3000円という絶対値で判断します。自分の財布から3000円出せるかどうかということですね。同じ3倍であっても100万円のものが300万円になっているのとは違いますから、自分がそれを手に入れるために出せる金額なら買うし、そうじゃなければ諦めます。(蛇足ですが、今ヤフオクではこんなのもあります。もともと欲しいとは思っていませんが、欲しかったとしてもこうなってしまったら諦めるしかありませんよねw)

まだ持っていないから、既に持っているけどそれがダメになった時のために。と廃番品を欲する理由はそれぞれですが、いずれにしてもそれを手に入れるのはいろいろと大変です。だからオイラは「廃番恐怖症」になり、しかもそれがどんどん悪化しちゃうんですよねー。いつまでも、何度でも修理できれば、しなくていいストックもあるんですけどねぇ・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA