手帳の中の季節

一年を通じて使うものだから当たり前のことですが、コンパクトで薄い手帳の中にもしっかりと季節があります。今日は梅雨入り前とは思えない暑さの中で冬のページを見返しながら、当時の寒さを懐かしく、恋しく思いました。

例えば1月はスキーに行ったとか、8月はプールに行ったとか、一般的には書き込まれた予定(内容)によって季節を感じることが多いと思いますが、季節感とは無縁の予定であってもそれが書かれた月でその時の暑さや寒さが蘇ることがあります。いずれにしても無機質な箇条書きの記録がこうした情緒的な感覚につながっていくのは、手書きであることが大きいように思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA