回想録

そこそこの年数を生きていれば大きな足跡を残してはいなくても相応の時間を過ごしているわけで、その中の「ある時」をふと思い出すことがあります。そういうものを思い出してはまたすぐに忘れて・・・というのも悪くはないのですが、なんとなく書き留めておきたいような気がして、少し前からノートに「回想録」のようなものを書いています。

「思い出」とはちょっと違うかな。出来事そのものよりも、その時に目と心で見た(感じた)景色というんでしょうか。それを一人称にしてみたり、俯瞰的にしてみたりしながら文章化しています。そもそもは蘇った記憶の景色を書き留めておくために始めたことですが、エッセイストにでもなったような気分を楽しんでいる部分もありますね。

と言ってもそういう記憶をわざわざ掘り起こしているわけではありませんし、思い出してもなかなか思うようには表現できないので、文章化した記憶はまだわずか。石田千のような感性と表現力を目指しつつ、ゆっくりと書き溜めていければと思っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA