シャープペンシルにいくらまで出せるか

オイラが持っているシャープペンシルで一番高価なのは2500円。個人的にはシャープペンシルの「性能価格」はせいぜい1000円位までで、それ以上は性能とは別の価値によるものだと思っています。そうした部分も含め、シャープペンシルにいくらまでなら出せるでしょうか。

実は今、買おうかどうか迷っているシャープペンシルがあるのです。お値段はズバリ「1万円」(税別)。シャープペンシルの値段としてはとてつもなく高いです。でも、この素材で1万円ならむしろ安いのです。その素材とは「黒柿」。

勘のいい方ならもうお分かりですね。そう、今オイラが購入を検討しているのは野原工芸の「黒柿のシャープペンシル」なのです。野原工芸の木軸ペンは既にボールペン4本とシャープペンシル1本を持っていますが、黒柿はずっと前から気になっていました。しかし憧れつつも現実味はなかったんです。万年筆(金ペン)が買えちゃう値段ですもんね。それが数日前から本気で欲しくなっちゃって・・・。

理由の一つとしてシャープペンシルのコレクションが落ち着いたことがあります。以前のように頻繁に買うことがなくなったので、その分狙いすました1本には思い切った投資をしてもいいかなと。それと今年はキリのいい年齢になるので、その記念としてもちょうどいいのではないかと。(誕生日までにはまだ半年以上ありますが)

ただ、野原工芸の木軸ペンで唯一惜しいと思うのがペン先側の黒い金属パーツなんです。デザイン上は気に入ってるんですが、オイラの握り方だとここは人差し指がかかる場所。なのでできればここまで木軸であって欲しいのです。ぶっちゃけ以前はそんなに気にならなかったんです。むしろこの部分が剥げて地金が出てくるのが魅力だと思っていました。

しかしパイロットのレグノS20のように口金の直前まで木軸であるモデルを使ってみるとですね、指全体が木に触れてその感触がたまらなくいいんです。そしてその感触を楽しめることこそが木軸ペンの最大の魅力なのかなと。木の質は比べようもないくらい野原工芸の方がいいわけですから、それを筆記時に手指の全体で感じられたらさらに素晴らしいと思うんですよねぇ。もちろん作り手側の理由もあるでしょうから、一方的な要望や評価はできないのですが。

ってなことを考慮しつつ、仮に黒柿のシャープペンシルを買うとした場合、どうせなら孔雀杢(1万5千円位だったかな)にしちゃうという選択もあるわけで・・・といった具合に考えていくとキリがない。よって、シャープペンシルにいくらまで出せるかなどという自問自答をしてしまうわけです。

スポンサーリンク

6件のコメント

  1. ご注文をお待ちしていますw

    と、それはさておき、筆記角度や持ち方によっては確かに金具に手がかかる場合もありますね。
    設計変更すればペン先の黒い金具を短く変更することは出来ると思いますが、当店のペンの構造的にノック側を変更することは難しく、その場合ノック側が重くなってしまい重量バランスが崩れてしまいそうです…
    中々難しいところですね。

    1. 確かに最初からそういう設計じゃないと他の部分に問題が出ますよね。ペン軸のデザインはユーザーによっても好みが別れるでしょうし、難しい問題ですよね。

      黒柿のシャープペンはこれまで同様「細軸」で検討しています。本当は現物を見て買いたいんですけど、たぶんまた通販でお願いすることになると思うので、そうすると芯先の具合(グラつき)をチェックできない。実はそれが購入を迷っている一番の理由なのです。今使っているパープルハートはまったく問題ないので、それと同等であればいいんですけど、やっぱり部品が変更されたり、または個体差によって芯先の具合(グラつき)にも差があるんでしょうか?

  2. 黒柿良いですよね

    しかし、この値段になると、実物を見て選びたいところですよね
    杢や金具の個体差が非常に気になります

    数年前と比べて、野原工芸の金具(特に太軸)の個体差が大きくなったと思うんですよねえ……
    特にノック部の遊びがカチカチとうるさい個体が……
    ノック感も昔の方が好みでしたが……

    シャーペンの口金の部分のグラつきの個体差も気になりますよね
    通販というのは難しいものですねえ

    1. 通販を利用するうえで杢については「おまかせ」で納得していますが、確かに金具の個体差は気になるところですね。

      現在所有しているのは2009年5月から2012年5月にかけて買った5本(細軸BPが3本・太軸BPが1本、細軸MPが1本)ですが、太軸BPが向きによってカチカチ鳴ります。また、細軸BPのうちの1本は元々はMPとして買ったのですが、それ以前に買ったMPとはいつの間にか部品が変わっており、芯先のグラつきが気になったためBPにコンバートしてもらったという経緯があります。それが個体差だったのか新部品自体の精度によるものなのかはわかりませんが、結果的には旧部品(モデル)の方が良かったということになります。

      まあ野原工芸さんも品質にはかなり気を配っていると思いますが、木軸以外の部分は外注ですので思い通りにいかないところも多いんでしょうね。店舗所在地の関係もあってこれまですべて通販を利用して購入していますが、本当に自分が満足するためにはやはり現物を見て買うのが一番。それは確かですね。

    1. がっつりと使い込むことを考えると1本に絞るのがいいのかもしれませんが、どれも魅力的なのでつい何本も買っちゃうんですよねぇ…(^_^;)

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA