ぺんてるとパイロットの300円シャープを比較してみました(シャープペンシル100本ノック)

国内シャープペンシルメーカーとして人気と実力を兼ね備えているぺんてるとパイロット。今回はこの2社の300円モデル(現行品)を比較してみようと思います。

シャープペンを性能で語るなら、高ければいいというものではありません。ある一線を超えると素材・機能(ギミック)・ブランドのネームバリューなどが価格に影響していることが多く、価格と性能が必ずしも釣り合っているとは限りません。

そんな中での300円クラス。入門というよりもスタンダードと言えるこのクラスは決して侮れません。ちょっと大げさかもしれませんが、このクラスの商品の出来でそのメーカーの力量がわかると言ってもいいかもしれません。

img0051
というわけで、右が泣く子も黙るパイロットS3。左がぺんてるのシュタインシャープ。それぞれの口金を外したところです。

まず、チャックを見てみましょう。ここは芯を固定する重要な部分ですから着目する人も多いですよね。このクラスですと樹脂チャックが使用されていることも少なからずありますが、ここは両者ともに金属チャックを採用しています。

img0052
次に口金を固定するための軸側ネジをチェック。

S3は軸の延長上にネジが切られた樹脂製。それに対してシュタインシャープは軸ではなくて内部部品にネジが切られた金属製。強度と耐久性があるのはどちらかなのは言うまでもありませんね。(芯タンク(中筒)は金属ではありません)

もちろんこの違いがすぐに、また顕著に現れるわけではありません。ほとんどの人はこの部分に違いがあることにすら気づかず、特に不具合を感じることなく使っていると思います。そもそもこのクラスではここが樹脂製であるモデルの方が圧倒的に多く、それが普通なのです。

しかし樹脂ネジを強く締め付けると破損の可能性がありますから、それは口金の緩みやすさにつながります。また樹脂は経年によって劣化しやすいこともあって、長く使っているとここから折れてしまうケースもあるようです。

まあ300円のシャープペンですからそうなったらそうなったで新しいのを買えば済むんですけれども、このクラスで金属ネジを採用しているぺんてるはさすがだと思いますし、どちらがいいかといえばやはり金属を選びたいと思う人が多いのではないでしょうか。

img0053
ちなみにこちらは今オイラが持っているぺんてるシャープの中で金属ネジを使用しているモデル。

右から
グラニフ×シュタイン 限定シャープ(300円)
シュタインシャープ(300円)
グラフペンシル(800円)
ケリー(1500円)
*価格は税抜き

グラニフ×シュタインは限定品ですので今はちょっと手に入れにくいと思いますが、これはP20*がベースモデルですので、それなら分度器さんなどで入手は可能です(ちょっと高くなってしまうのがネックですが)。また0.9ミリで良ければ現行品の「きらり」でもいいですね。

ちなみにタフ・グラフレット・グラフギア500・グラフ600/1000・スマッシュは樹脂ネジでした。ただ、その中でS3と同じ構造だったのはタフ・グラフレット・グラフ600。その他はちょっと違ってまして、そこに樹脂ネジを採用している理由があるのかもしれません。ま、これは今回の比較とは直接関係がないので、もう少し検証して別の機会にお伝えできればと思っています。

img0054
さて、ぺんてるばっかり贔屓するなとパイロットファンから怒られるのも嫌なので、手持ちのパイロットシャープの中で金属ネジを使用しているモデルも紹介しておきましょうw

右から
H1097(1000円/廃番品)
レグノ(2500円)
*価格は税抜き

パイロットのシャープペンシルはあまり持っていないのでほとんどのモデルを確認できていないのですが、もっと安い現行品の中にもあるかもしれません。

というわけで今回は芯まわりを比較してみましたが、もちろんそれがすべてではありません。比較ポイントは他にもたくさんあり、それらが組み合わさって最終的な製品が出来上がっているわけですし、それぞれの好みもありますからね。「へぇ、そんな違いもあるんだ」ということを知って、知識・興味・楽しみ方・・・等が広がればそれでいいのです(*^_^*)

追記
img0056
オレンズ(500円)も金属ネジを採用してました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA