シャープペンシルコレクション63 ぺんてる グラフペンシル PG5-AD

img0047
ぺんてるのグラフペンシル「PG5-AD」。何年も前から買おう買おうと思いながら機会を逸していたんですが、オレンズを買ったついでにようやく入手しました。筆記具ですから書き味が大事なのは言うまでもありませんが、それ以前に昭和の匂いがするレトロなデザインがいいんですよねー。

もちろん書き味もいい。軽くて細身の軸はまさにペンシルのような軽快感があり、主張しすぎないシンプルな滑り止め加工の効きもオイラには十分。グリップ径もけっこう細いんですが不思議とそれを感じさせない握り心地と安定した筆記感。なるほど根強いファンがいるのも頷けます。

img0048
ノックボタンの先にはクリーナーピンが付いています。ピンも差し込み部もかなり長く、消しゴムは付いていません。芯硬度表示は4HからBまででFはなし。ノックボタンは指に当たる部分が小さい(細い)ですが不便や不快感はありません。

ちなみにクリップは着脱可能・・・なはずなんですが、現行モデルはかなりしっかりとかしめられているようです。外すならばかなり慎重にやらないと悲しい結果になりそうなので、とりあえずは付けたままにしています。(デザイン的にはクリップがあった方がよりレトロ感がありますしね)

グラフペンシルも現行品は0.5ミリだけになってしまってますが、これもいつまで販売されるんでしょうかねぇ。今のところ廃番の噂は耳にしてませんが、こういうのっていつの間にか廃番になっちゃってるってパターンが多いですからね。まあ正直な話そんなにたくさん売れているモデルではないと思いますが、今後もグラフ1000やスマッシュとともにずっと販売し続けて欲しい。そう思えるシャープペンシルです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA