コメントへの返信

先日アップした「ブログの核」という記事にコメントをいただいたのですが、その返信が長くなってしまったので記事としてアップさせていただきます。

自分自身が楽しいと思えるブログ。そうすべきだと思っていても実際にやってみると難しいですよね。なんだかんだ言っても公開しているからには一人でも多くの人に読んでもらいたい、できれば共感して欲しいという気持ちがあるので、読者受けを完全に無視することはできません。

じゃ、読者が楽しいと思うブログ(記事)ってなんだろうと自分に置き換えてみると、筆者の人物像・生活感・気持ちが伝わってくるブログ(記事)なんですよね。だから必ずしも同じ趣味じゃなくてもいいんです。もちろん別のものを望む読者もいると思いますが、オイラが求めている読者というのは同じ価値観の人。だからオイラは自分の価値感に従って記事を書くことがまず自分にとって、そして読者にとっても有益なのだと考えるようにしています。

オイラは時々ブログの「方向性」という言葉を使います。以前はブログ(記事)のカテゴリー(ジャンル)という意味で使うこともありましたが、今は自分自身が楽しいと思えるブログ。自分にとって価値のあるブログ。それがこのブログの方向性であり核だと定義しています。

ただね、ある程度の理屈や心がけは必要だとしても、本当はあまり考えないのが一番なのかもしれない。オイラ自身のスタンスもこうやって「説明」すると理屈っぽくなってしまいますが、そんなに構えてブログに向かっているわけではありませんし。ま、散々理屈をこねた後で言うのもなんですが、一番大事なのは何かを「伝えたい」という気持ちなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

2件のコメント

  1. わざわざ、新しく記事にしていただいて、ありがとうございます。

    私も、コメント投稿したあと、それだけで記事を1つ書けそうなくらいの長文コメントだったことに気づいたのですが(笑)、長いコメントになってしまって、すみませんでした。

    ジャンルの話に触れていらっしゃいますが、メモ魔さんの文章を読むまで、あまり気にしたこともなかったのですが、私もよくよく考えてみると、好きなジャンルが多めなのは当然ですが、まったく違うジャンルのブログもたくさん読んでいることに気づきました。どれも書き手が見えるブログですね。

    心がけは確かに大事です。たいていブログをはじめるきは、誰しも心がけだらけだと思うんですけど、中にはそれに押しつぶされてしまって嫌気がさしてしまう人もいると思うのですよね。だから、押しつぶされるくらないら、いっそのことあまり心がけないこともいいのかも…と、最近は思っています。ただ、ここでいう心がけないというのは、まったく心がけないと言うことではなく、あくまで、スタンスとしては気楽にいくけれど、頭の片隅から引っ張り出してくれば、心がけはあるよ、という感じのニュアンスなのですが。

    また、長文になりましたが、返信はあまり心がけすぎなくて大丈夫ですよ(笑)。

    1. 言葉遊びのようですが「楽しい」というのは「辛くない」ということですから、自分が辛くなるブログはダメですよね。オイラも毎日更新を目標にはしていますが、苦しんでまでそうするのは違うかなと。(だから今日は休むw)

      結局、自分が楽しんでいるブログはアクセスがあろうがなかろうが続くし、そうじゃないのは続かないという単純なことなのかもしれません。

memoma にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA