ブログの核

オイラのブログは2008年に文具ブログとしてスタートしましたが、少しずつテーマが増え、ブログタイトルが変わり、遂には引っ越しをして今に至ります。こうしていろいろ変わってしまったことに後悔はありませんが、記事の中にはあるんです。当時とは考え方や興味が変わるのは当然なので、そういう点で「今」と合致していなくてもいいんですが、そこに自分が存在しない記事には我ながらがっかりします。

長年ブログをやっているとネタ切れしたり、その対応策としてテーマが広がってきたりします。テーマを固定し、ネタを切らすことなく更新し続けるのはかなりしんどいですからね。しかし表向きのテーマが何であれ、記事の中に必ず「自分」が存在していること。それがブログの「核」です。そもそも表向きのテーマなんて、くくり方次第で1にも10にもなっちゃうものですからね。そこにこだわる(縛られる)よりも、核をはっきりさせることが大事です。

もちろんブログに対する考え方は人それぞれですから、正解はないと思います。しかし不正解はある。それは自分にとって「意味」のないブログです。その意味こそがブログの核となるもので、オイラの場合はそれが日々の行動・ものの考え方・興味・・・、つまりその時の自分を記事化すること。だからたとえそれが新製品の紹介記事であっても、そこには必ず「自分」が必要。逆に言えば、そこさえ満たしていれば表向きのテーマがなんであってもブログの方向性は揺るぎないわけです。

ま、この記事の内容も今思ったことを記したものですからね。しばらくしたら考え方が変わっているかもしれません。しかしそれもまた変遷の記録です。「アイツ、今日は何考えてんだろ」。そんな気持ちで覗き見していただければありがたいです(^_^;)

スポンサーリンク

2件のコメント

  1. PCが壊れてしまい、数ヶ月PCがない状態で過ごしていたせいもあり(多分に言い訳も含まれますが)、サイトの更新が途絶えがちなので、あまりこの記事に言及する資格がないような気がする私ですが…(笑)コメントさせていただきます。

    私は、いくつかサイトを所持していますが、メインサイトは、2004年1月にはじめたので、もう、丸10年経ちます。

    私は当初、ブログ形態ではないwebサイトを運営していました。レンタルブログがはじまったばかりの時期でしたが、当時、webサイトの場所として使っていたniftyでココログがはじまり、それまでwebサイトのコンテンツの一部として利用していたレンタル日記サービスからココログに移ったのがブログを始めたきっかけです。

    ブログは今までのwebサイトとはまったく違う画期的なシステムであると同時に、私をわくわくさせてくれる存在で、とても楽しくてしかたがありませんでした。

    その後は、ココログで10ヶ月ほどレンタルブログを楽しんだあと、プロバイダの変更をきっかけに、レンタルサーバーで独自ドメインのブログをはじめました。

    10年の間、何度か方向性が変わりましたし、途中、間違った方向に行ってしまったこともあります。でも、そんなとき、思い出すのは、ブログに触れ、ブログを楽しいと感じていた、その当時の気持ちです。

    ブログを心底楽しんでいた”自分”。それが私のブログの核の部分です。多少、メモ魔さんとは異なるかとは思いますが、”自分”が存在しているという点は共通していると思います。

    更新が止まっても、ブログを閉鎖しようという思考にならないのも、この”核”のおかげです。

    読んでくれる人がいることを想定して記事を書いている以上、読者の人が喜んでくれる記事を書きたいという気持ちはもちろんあります。でも、読者が喜ぶ記事だけに固執し、自分が楽しめなくなるのはつらいことです。失敗を経験し、そう思えるようになり、今は、いい意味でかなり気楽になれています。

    閲覧側に話を移すと、私が好きで巡回しているブログの多くは文章の向こう側に書き手の人が見えるブログです。もちろん、メモ魔さんのブログもラインナップされていますよ(笑)。

    私は、自分でブログを運営していることを経た結果、いつも訪れるサイトでも知らないうちに書き手の見えるサイトを選ぶようになっています。書いている人が楽しんで書いている文章は、必ずといっていいほど、文章から楽しさがにじみ出ています。そして、結果的に読んで楽しい、面白い文章になっているのです。

    興味がないものについて書いている文章は、機械的に感じます。楽しんで書いていないため、書き手が興味があることについて楽しみながら書いた記事とはまったく熱量が異なりますし、文章の向こう側に書き手が存在していないかのように感じてしまうのです。

    だから、やはり、自分のためにも読者のためにも、書き手が楽しんで書くことはとても大切だし、その部分が”核”になるのだと思います。

    とりとめのない文章になってしまいましたね(笑)。ごめんなさい。こういう話だと熱くなりがちです。

    これからも、お互い楽しむことを忘れずに、文章を綴っていきましょう。

小鳥遊 あゆむ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA