厳選眼

今日はヤフオクでチェックしていたこけしの落札日だったのですが、ギリギリまで迷った末にスルーしました。本当に良いと思うもの、迷いなく(心から)欲しいと思うものしか手に入れない。そう、今年のテーマは「厳選」。

ギリギリまで迷いましたが、もう入手できないことが確定してみるときっぱりと諦めることができて、スルーしたことに後悔はなし。こけしに限らずコレクションの「数」を絞ろうとは思っていません。それは10であろうが100であろうが構わない。ただそれが厳選されたものであるかどうか。そこにこだわりたい。

もともと断捨離には否定的なオイラですが、そもそも断捨離するのではなくて、そうしなければならないようなものは最初から手に入れない。個人的にはそれが理想。入手しなかったことを激しく後悔することもあるでしょうが、そういう失敗をしながら「厳選眼」を養っていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA