学ぶ

手仕事の日本」を読みながら、まだまだ「学ぶ」べきことがあるなと、そしてそれは次々とつながっていて終わることがない。そんなふうに思いました。今年も一年いろいろあったけど、オイラはそこから何を学んだだろう。

「学び」のきっかけはどこにでも転がっていてそれに気付くかどうかなんだけれども、やはり「本」というのは学びの宝庫ですね。学びは新しい世界を知ることでもあるから、来年はジャンルにこだわらずにできるだけたくさんの本を読もうと思っています。そこから何かを学び、さらには「感性」が磨けたらいいなぁ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA